兵庫県探訪

兵庫県探訪:三木編

Filed under: General,兵庫県探訪 / by Soitiki

山羊と

茨城県より関さんが遊びに来られたので車で三木まで連れて行ってもらいました。
古の神秘を訪ねる兵庫県探訪シリーズです。
三木と言えば金物が産業としては有名ですが、歴史的には元祖兵糧攻めで有名な「三木合戦」の故事があります。「太閤さん」と呼ばれ関西では一般に人気が高い豊臣秀吉ですが、三木においてはその立場も微妙です。まさに畿内と西国がぶつかりあう場所。兵庫県ならではの魅力溢れる地域と言えましょう。

more…


生野・ヨーデルの森へ

Filed under: General,Travel,兵庫県探訪 / by Soitiki



動物好きのガールフレンド氏と連れ立ってヨーデルの森に行ってきました。
ヨーデルの森はアルパカで有名ではありますが、バードショーやドッグショー、馬、山羊、羊、カンガルー、ダチョウ等様々な動物と触れ合うことができるちょっとしたパラダイス。
印象的だったのは山羊と羊に案外差があるなと感じた事でしょうか。
羊は表情も蒙昧とした感じでなんと言うか…バカ丸出しと言った感じでありましたが、反面山羊はかなり快活な雰囲気で表情も豊かで人懐っこい印象でありました。
あとダチョウが案外愛嬌に溢れているのにも感激しました。鳥類とは言え、侮れない知性を持っているのではないでしょうか。
列車とバスを乗り継いで出かけたのですが、帰りのバスが無く往生していると職員の方が「ついでがあるから」との事で生野駅まで送って下さいました。ありがとうございました。
more…


楠正成公のご末裔と湊川を歩く

Filed under: Diary,兵庫県探訪 / by Soitiki

楠正成公の末裔を名乗る男とゆかりの地を巡りました。
彼は岐阜出身で湊川神社の存在も知りませんでした。
「ユーの先祖、神戸じゃスーパーヒーローですよ」と説明し、急遽ゆかりの地を巡るツアーを企画いたしました。
ミスタータナカとHelluva LoungeのPAの小倉君、尼崎潮江の居酒屋きたろうの店長カップルも参加。

湊川神社で「彼、正成公のご末裔なんですよ」とアピールするも、七五三の真っ最中で神社は最高にいそがしそう。
しかしご好意で楠公会館を見学させていただき、殉節地にも案内していただき、ご丁寧な解説もしていただきました。
正成公もまたその時々の政治情勢によって評価が大きく左右された人物であったとのことで、そのご子孫にとっても難しい時代が長く続いたとの事。再評価のきっかけはテレビでもお馴染みの水戸光圀公A.K.A.水戸黄門様編纂の『大日本史』であったとのことでした。
湊川神社内には水戸光圀公の銅像もあったんですね。知りませんでした。
湊川を挟んだ戦いも多勢に無勢、じりじりと後退してついに殉節されたと言われるその場所は森の中でちょっとしたマウンドになっており、ひっそりとして得も言われぬ迫力がありました。
その他、新興の神社だった事もありその昔は殉節地の南に立つ2本の注連柱の間に菊水の紋のネオンサインがあったとか、境内に今の須磨の水族館の前身となる水族館があったとか、日本最古のユーカリの木があるとか……そんな楽しいお話もいろいろとしていただきました。

その後、菩提寺であるという神社からほど近い広厳寺へ。
中に居られた奥さんにこちらでもまた「お母さん。彼、正成公のご末裔なんです」と堂々のアピール。奥さんも正成公の末裔の突然の来訪に「ほえー!」と文字通り目を見開いて驚いておられました。「じゃあこちらへ」とお寺の北西にある祠へと案内してもらいました。この祠がまたこじんまりとしていながらも存在感のある、いわゆる雰囲気のある祠でした。この祠が開く事は滅多に無く、奥さん(おそらく70歳くらい)も一度だけ中を見たことがあると仰ってました。「中にはねぇ。なんやったかなぁ。なんや入ってますわ」と。その他「うちのお寺にはリアルな遺品がある」とも。
何でも湊川神社の宮司さんもちょくちょくこちらに来られるらしく、お互いにご交流はあるとのことでした。

しかし、とにかくおかしいのが当の末裔の本人がとにかくピンと来ていない事です。
「母ちゃんにまたよく訊いとかないとなぁ。いや、おばあちゃんの方がいいかなぁ」とかブツブツ言いながら神戸シティ内、中央区ファーウエスト地区での正成公のあまりのヒーローぶりに戸惑うばかり。正成公の子孫とカミングアウトしても故郷の岐阜では「あぁ。そうなの」的なあっさりとした感じらしいです。
締めに湊川公園内の正成公の地上5mあろうかという巨大な銅像を見に行ったのですが、ここでも「うわぁ!でか〜!」と自身の先祖の銅像のあまりの大きさに驚いておりました。銅像の前で写真を一枚。
後、近所のマルヨシにて串のホルモンを食べてツアーは終了。歴史を身近に感じる一日でありました。


加古川刑務所を訪問

Filed under: Diary,兵庫県探訪 / by Soitiki



矯正展を見に加古川刑務所に行ってまいりました。
刑務所内の見学にも参加しました。(塀の中は撮影禁止)
清潔な風呂場やテレビ付の個室、広々とした工場等意外に雰囲気が明るく心地良さそうでありました。
家屋を含めて、もしかしたら私の生活の方が酷いかもしれません。


(c) (Blood-stained)QKR Productions 2007-